協会の紹介 業務内容

  1. ホーム
  2. 業務内容

園芸基金協会の主な業務

国民の食生活に不可欠な野菜・果実の安定的な生産出荷をはかるために、国・県の農業振興方針に沿って生産農家の経営支援や計画生産・出荷の推進等に関する事業を行っています。

野菜対策事業

(1)野菜の価格安定対策に関する事業

野菜の計画的な生産出荷に取り組む生産農家等に対し、野菜の市場価格が著しく低落した場合に、あらかじめ締結した契約に基づき価格差補給金を交付します。

実施事業
  • 特定野菜等供給産地育成価格差補給事業
  • 県単独野菜価格安定対策事業
  • 契約特定野菜等安定供給事業

(2)野菜価格安定対策事業の推進・指導

事業の推進と適切な実施の指導等を行っています。

果実対策事業

(1)果実の需給安定対策に関する事業

果実(うんしゅうみかん)の安定的な生産出荷に取り組む生産者団体等に対し、その取組を支援するため補給金を交付します。

実施事業
  • 果実計画生産推進事業
  • 緊急需給調整特別対策事業

(2)果樹経営の支援に関する事業

競争力のある産地を構築するため、産地自らが定めた「果樹産地構造改革計画」(産地計画)に基づいて、担い手等が行う優良品目・品種への転換や小規模園地整備等の取組みを支援(助成)します。

実施事業
  • 果樹経営支援対策事業
  • 果樹未収益期間支援事業

(3)果実流通加工の支援に関する事業

果実の加工需要の拡大と需給の安定に取り組む農業者団体、加工業者等に対し、その取組を支援(助成)します。

実施事業
  • 果実加工需要対応産地強化事業

(4)果実対策事業の推進・指導等

事業の推進及び適切な実施の指導を行っています。